2020.07.27

樋口新葉と坂本花織も大技に挑戦。ロシア勢に対抗できるか?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 樋口はトリプルアクセルについて、SPは組み込む予定はないが、フリーで跳べるように調整していくとのこと。今後の見通しを話す樋口の表情は落ち着いていた。

 一方、坂本も意欲的な練習を見せた。大きな動きでステップシークエンスを滑った後、ダブルアクセルを跳び、3回転フリップ+3回転トーループ、そこから3回転ルッツにつなげる滑りを確認していた。

 曲かけではダブルアクセルから3回転フリップ+3回転トーループ、3回転ルッツをしっかり決めた。フライングキャメルスピンの入りで転倒して苦笑いを見せたが、そのままステップシークエンス、レイバックスピンにつなげた。

 その後、フリーの曲かけで、終盤のコレオシークエンスからの3回転ループ、チェンジフットコンビネーションスピンを流れるようなにつないだ。練習後半は、昨季の四大陸選手権で初挑戦した4回転トーループの練習も繰り返した。すべて転倒し、回転不足のジャンプも多かったが、惜しい場面もあった。

 しかし、坂本は今回の合宿について、充実した表情でこう話した。

「全日本合宿は他の選手の動きを見られるので、男子の4回転や自分が習得していきたいジャンプを研究するいい機会です。すごく勉強になります」