2020.07.26

羽生結弦を追う次世代エース。鍵山優真、佐藤駿が勢力図を変えていく

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 新プログラムの振り付けは、自身初となる海外の振付師ブノワ・リショー氏によるもの。SPは『パイレーツ・オブ・カリビアン』で、フリーは『バトル・オブ・ザ・キングス』を選曲した。

「パイレーツ・オブ・カリビアンは有名な曲ですが、初めて聞いた時はとても難しそうな印象で、『自分では滑らないな』と思っていたような曲。でも、うまく表現していきたいと思っています」

 昨シーズンは、ルッツとトーループ2種類の4回転ジャンプを入れ、ジュニアグランプリファイナル王者となった佐藤。新ジャンプに関しては、外出自粛期間の練習のストップがやや影響しているという。

「普段の年なら今頃は新しいジャンプに取り組んでいるはずですが、今年はそれができていません。これから少しずつ4回転フリップなど新しいジャンプに挑戦するとともに、すでに跳べているジャンプの確率を上げられるように練習していきたいです」

 今季のSPは、4回転トーループ+3回転トーループと4回転ルッツ、トリプルアクセルの構成。一気にレベルを上げて高得点を狙えるものにしている。さらにフリーは4回転ルッツ、4回転サルコウに加えて4回転トーループ2本の予定で、シニアのトップ選手レベルの構成だ。「4回転フリップはまだ怖さもあってやれずにいますが、できれば年内に跳べるようにしたいと思っています」と、4回転の種類を増やすことに積極的だ。