2020.03.20

笑顔を取り戻した本田真凜。
見出した「復活への足掛かり」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

氷上での笑顔も輝いていた本田真凜 GPシリーズ、スケートカナダではタクシー乗車中に追突されるという不運な事故にも遭った。しかし強行出場し、フリーでは120点台を出し、意地を見せた。シーズンを戦うなか、逞しさを身につけていたのだ。

「(昨シーズンまで)緊張からどう逃げられるか、(そんなこと)ばかり考えて演技していました。でも、今日(の全日本SP)は昔のように、たくさんの人に(自分が)楽しんでいるのが伝わったかなと思います。たくさん練習は積んだので、あとは気持ちの問題と思って。自分らしく演技することができてよかったです。練習だけでなく、ふだんの生活でも、『明るくなったね』と周りから言われるようになって、自分らしくいられるようになったのかなと」

 楽しむ――。

 それを取り戻したことは、復活の足掛かりになるだろう。

 フリーでは、冒頭でジャンプをミスし、総合8位に終わった。しかし、本田の心は折れていない。単独の予定だった3回転ループに、2回転トーループを付けた。さらに、最後に予定していた3回転サルコウを、より得点の高いフリップに変更。フリップは着氷がやや乱れたが、最後まで滑り切った。