2020.03.19

樋口新葉が取り戻した躍動感。
「強いワカバ」が帰ってくる

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 16-17シーズンには、シニア1年目でジュニアからの進撃を続ける。フランス杯で3位、NHK杯では4位で、全日本は2位、世界選手権にも出場した。そして17-18シーズン、グランプリファイナルに出場し、全日本では足首のケガもあって振るわず、4位で平昌五輪出場を逃したものの、捲土重来、世界選手権では2位になった。

しかし、そこで流れが変わる。

 18-19シーズンは、たびたびケガに見舞われ、動きが鈍くなり、ジャンプも回転不足を取られるようになった。シニア転向後、成長期による女性特有の体形変化や体質もあって、体重コントロールに苦しんでいたのだ。

「自分で体を管理できるようになった」

 岡島功治コーチは、今シーズンの樋口の変化を全日本後に説明している。

「本人なりに(体を)絞ってきて。ジャンプも調子は上がってきていました。今回はいけるかな、というのはありましたね。プログラムを最後までやり通すことができていたので。(体重管理に関しては)タッチしていないです。『痩せろ』というのは、本人が嫌だと思うので、言っていません。普段の練習の中で、自分で管理できるように。大人になったと思います」