2020.03.18

宇野昌磨は楽しみながら強くなる。
ランビエルが語った復活の真実

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 最悪の時期だが、宇野は全日本の優勝会見で当時をこう振り返っている。

「フランス杯が終わって、(スイスでランビエルの指導を受けるようになり)気持ちが一つ切り替わったと思います。あれだけぼろぼろのフリーを経験することで、勝手に背負っていたものが下りたというか。つらい演技だったけど、あのつらいフランスがあってよかった。それがあったから今ここにいられると思っています」

 自らが背負った"常勝の重荷"に、心が潰されそうだったという。

「平昌(五輪)が終わって、自分も"もっとアスリートらしくしなくては"と思うようになりました。強く、もっと強くなってオリンピックで(優勝を)って。でも、思った以上に結果そのものを背負ってしまった。自分の場合、やっぱりスケートを楽しみたい、と思ったんです。僕はそこまで(結果に)厳しくはなれない。それはアスリートとしての自覚がない、と言われるかもしれないですけど、自分は(リンクで)楽しみたいんだって思ったんです」

 それは誠実な告白だった。

 昨シーズンは勝利への執念を見せ、全日本ではケガを押して挑み、見事に優勝を果たした。それは一つのドラマだった。誰にでもつくり出せるものではない。しかし、心身ともに摩耗していた。そこで新コーチを探す必然性を感じ、前に歩みを進めたが、苦境に立たされることになった。