2020.02.13

鍵山優真、四大陸で大健闘。「羽生選手と比べたら自分はまだまだ」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 こう話す鍵山は、リンクの氷が硬く跳ねるということもあり「あまり力を入れずにリラックスした状態で跳ぶように心がけた」と、シニア顔負けの対応力も見せていた。

「こういう舞台でノーミスをできたのは、やっぱりリラックスしていたからだと思います。全日本はプレッシャーとかいろいろあって体が固まってしまっていましたが、今回はすごく落ち着いていたのがよかった。やっといい演技ができたと思いますが、もっと早くからそういうことを意識していればよかったと後悔しているし、悔しい気持ちもあります」

 鍵山は「今回は表彰台というよりも、今シーズンずっと達成できなかったショート、フリーともにノーミスをするという目標があるので、それを達成できるように頑張りたい。フリーは自分としては今季すごく自信を持っているので、2本ずつ入っている4回転とトリプルアクセルをしっかり決めて、笑顔で終われればいいなと思っています」と、力む様子もなかった。

 フリーでも、挑戦するという意識は変わらなかった。緊張もなく「このメンバーの中に自分も入って戦えるということがすごく楽しかった」と、あくまでポジティブだった。