2020.01.20

五輪を目指す髙橋大輔。アイスダンスで感じた「今までにないもの」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 髙橋は先駆者のひとりとして走り続け、フィギュアスケートに光を差し込ませてきた。その光は淡く、ぬくもりがあった。そこにたくさんの人が集まり、まどろんでしまうような――。アイスダンサーとして、その世界を作り出せるか。

「アイスダンスをやりたい、と思ってもらえるカップルになりたいです」

 カップルを組む村元は言う。容易な挑戦ではない。しかしふたりが挑戦を発信したことで、アイスダンス界に新たな気運を生み出している。それはすでに事実だ。

「タイミングが合った時のエッジの深さは新鮮で。これは、ふたりでしか感じられない!それは今までにないもの」

 髙橋は楽しそうに言う。無垢な好奇心が、やはり彼の歩みの源泉だ。

関連記事