2020.01.20

五輪を目指す髙橋大輔。アイスダンスで感じた「今までにないもの」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 一方で、彼は言う。

 「アイスダンスはどうなるか、まだ予想できないです」

 困難な道のりであるのは、百も承知だろう。ジュニア年代でも、気鋭の選手が頭角を表わしつつあるのだ。

「あまり考えすぎないように。今は課題ばかり。(村元と)初めて組んでスタートするので、まだバラバラなところもあって。なるべく早く、”カップルになりたい”です。(基本的なことを)やっていくなかで余裕が出て、ふたりの世界観を出していけたら」

 新たな戦いでも、髙橋の培ってきたスケーティングは切り札になるだろう。技術は裏切らない。彼ほど音を取れる選手は、そうはいないのだ。

―滑っていて、どんな時が一番、気持ちが良いですか?

 昨年のインタビューで、髙橋に聞いたことがあった。

「音はまりした時ですね! ジャンプとかも、着地の音と(一緒に)バーンという音楽にはまった時。これは気持ち良いですね。基本的に、音にはまるのはいいですね」

 彼が身につけた感覚が、村元のダンスと調和したら、スペクタクルを見せてくれるのでは――。その予感を正当化できるだけの戦いをしてきた。シングルスケーターとして、金字塔を打ち立てているのだ。