2020.01.13

髙橋大輔は、不安と希望が混在する第2のスケート人生でも全力だ

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

―フィギュアスケーター人生、最後に見える景色とは?

 昨年のインタビューでそんな質問を投げた時、髙橋は真剣に考えこんでから、こう答えていた。

「いや、うーん……、たぶん、それはまだ見えていないですね。たぶん、失速して終わっていくんでしょうけど(笑)。もう、これでお金をもらえない、と思ったら、やめるかな。この演技じゃ、お金をもらえない、価値がない、そう思ったら、やめます。スケートを」

 アイスショーのアリーナは超満員で、大勢の立ち見も出ていた。髙橋はそれに応えるため、昼夜なく調整を続けてきたと言う。一切、手を抜くことができない。それ故、彼が作るものは競技であれ、ショーであれ、本物なのだ。

「僕は、(アイスダンスに関しては)まだ周りが見えていないので。焦りから、スピードをつけすぎてしまうこともあります。(アイスショー開演)前日にも、ほかのカップルとぶつかりそうになったり、気を付けないと」

 髙橋は、好奇心と不安と希望がないまぜになった表情で言った。冒険家のような境地だろうか。慎重さはあっても、暗さはない。

 アイスダンサーとしての一歩目を、髙橋は真っ直ぐに踏み出した。

関連記事