2019.12.20

宇野昌磨が臨戦態勢。苦難を乗り越え、
コーチの重みを知ったシーズン

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 今シーズン、宇野はコーチ不在で違う境地を得ただろう。対話してくれるコーチは欠かせない。人の力が必要なこともある。

 しかし、彼の本質は同じだ。

 今シーズン、ひとりで滑っている間も、彼は敢然と戦いを挑んでいた。そして演技そのものは失敗したにもかかわらず、会場からは喝采を浴びている。それは、真っ直ぐな彼の生き方が、人に愛されるからだ。

 全日本3連覇の王者として、宇野は大会に挑む。ショートは4回転を2本、フリーは3本を跳ぶ。公式練習では、どれも着氷していた。仕上がりは悪くはない。

―東京五輪の聖火ランナーに選ばれたことについてどう思うか?

 その質問に、彼はリップサービスなしで答えた。

「どれだけ大きなことでも、自分は目の前の試合がいちばん大事で。(全日本以外)ほかのことは考えられません」

 宇野が臨戦態勢に入った。

関連記事