2019.12.08

羽生結弦は「ここからまた強くなる」。ファイナルで手にした成果とは

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 すなわち、それは羽生が本気で攻め切ったプログラムだったことを意味した。だからこそ、演技が終わった瞬間に「ケガをしなくてよかった」という安堵感も湧き上がってきたのだろう。

「まあ、こんなもんだろうと思っていました。ルッツを跳べたし、ループも跳べているし、4回転も後半に3本入っていて印象は強いだろうけど、実際には点数を取れているジャンプが少ないと思っています。でも、かなり実のある試合ができて、成長できた試合だと思います。世界選手権の時はネイサン選手に敵わないなと思って、『もっと強くならなきゃ』という感じで笑っていられたんですけど、今日は何か、勝負には負けたんですけど、自分の中の勝負にはある程度勝てた。だから試合としては、一歩強くなったんじゃないかなと思います」

 そして、この構成自体、練習で滑りこんでいるわけではないため、「疲れてもしょうがない」と言って羽生は笑顔を見せる。

「今回、このプログラムも前半に関してはできたけど、これからはこの構成が必要になってくると思うし、たぶんこれをベースにしていくと思います。だからこの試合でこうやってできたのは、試合がトレーニングだとは言いたくないですけど、結果としていいトレーニングになっているなと思っています。ここからまた強くなる、一歩になったんじゃないかなと思っています」

 チェンに大差をつけられて敗れたとはいえ、羽生の表情は穏やかだった。それは自分が力の限り戦い切ったという充足感からくるものだろう。羽生はこの戦いで、羽生結弦らしさとその魅力を、存分に見せてくれた。

関連記事