2019.12.06

紀平梨花、GPファイナルでは挑戦者として「初めてのことをする」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 紀平もただ手をこまねいているわけではなかった。5日の公式練習では、彼女の代名詞でもあるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)のほかに、さらなる武器として習得中の4回転サルコウを3度も跳んでみせた。

「今日はいつもどおりの練習の感じでいいジャンプが跳べた。今までよりも一番きれいに跳べたと思うし、回転不足もないいいジャンプが3つも跳べたので、いい自信になりました」

 4回転をフリーで組み込むかどうかは未定だというが、強敵ロシア勢に勝負を挑むには、この大技が必要不可欠になることは間違いない。もちろん、得点源となるトリプルアクセルをSP、フリーで計3本成功させて出来ばえ点(GOE)をいかに加算できるかも、勝敗を大きく左右するポイントになるだろう。

 この日の公式練習では、トリプルアクセルも完璧な6本を跳んでおり、安定感は増していた。さらに、得点増を図るため、今大会では初めてSPのジャンプ構成を組み替えて臨む構えだ。これまではプログラム前半に跳んでいたフリップ+トーループの連続3回転ジャンプを、基礎点が1.1倍となる後半に跳ぶ予定でいる。

「初めてのことをするので、すごく集中して注意しないとミスが出る可能性も高いと思うので、集中していきたい。でも、いいジャンプが3本目でも決まっていたので、やろうかなという気持ちがあります。どのジャンプの構成でも心配があるので、とくにそれが心配というわけではないですけど、初めてのことをするので、どんな状況でも対応できるような考えを持っておかないと。焦りとかがないように、前もって考えようと思っています」

 厳しい戦いを前にして、紀平は笑顔を見せながら前向きな意欲を見せていた。勝負の舞台に立つためには、攻めの演技を見せ、なおかつノーミス演技をしなければならない。

「(連続ジャンプを後半に跳ぶ)新しいことをする時点で挑戦ということなんですけど、新しいことをしてミスが出なくても、表彰台にさえ上がれるかどうかわからない。ミスが出たらもう終わりという状況なので、すごく大変かなと思いますけど、ノーミスを狙っていきたい。周りのみんな(ロシア勢)がすごいので、私も何とか(フリーで)4回転サルコウを入れたい」

 果たして紀平は、どこまで攻めの演技に挑むことができるか。躍進中のロシア3人娘との勝負が始まる。

関連記事