2019.10.26

羽生結弦は自分に厳しい。ノーミスで首位発進でも「ノーミスじゃない」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 4回転トーループも6分間練習ではよくなかったが、公式練習ではよかったこともあり、「後半になって疲れてくれば跳べるかなと思い、それを信じてやった」と言う。だが実際には、「力で跳ぶしかなかった」と苦笑する。

スケートカナダSPでミスなく高得点を記録した羽生結弦 結局、最初の4回転では少しだけ着氷が乱れて、3回転トーループを付ける形に。GOE加点は1.90点あったが、ジャッジ9人の評価は0点から3点までと分かれた。その後のスピンはスピードも表情もある滑りでレベル4を取ったが、ステップシークエンスはレベル3。得点はシーズンベストの109.60点となり、2位のカムデン・プリクネン(アメリカ)に20.55点を付ける首位発進となった。

 だが、羽生は興奮するような雰囲気は見せなかった。

「得点はともかく、自分の感触としてはレベルを落としてしまう部分があったり、採点にも影響があるクリアじゃないジャンプもしてしまっている。そこが自分としてはすごく悔やまれる点なので、うまく明日につなげていきたいなと思います」

 数字的には減点は一切ない、ノーミスの滑りと言える。だが羽生は「4回転ループや4回転ルッツが入っている構成でこの出来だったら、ノーミスとちょっとは言えると思うんですけど、やっぱりこれではまだ、ノーミスとは言えないんじゃないかと思います」と、厳しい評価をする。