2019.09.16

自身の苦戦に驚いた羽生結弦。「ぜんぜん引退しないです」と明言

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 世界選手権のあとには「こういう場合はトー系のジャンプの方が影響を受けないので、そっちも必要かなと思う」とも話していた。そしてオフに入るとすぐに、平昌五輪シーズンのケガの原因になった4回転ルッツや、これまでやっていなかった4回転フリップの練習にも取り組んだ。『ファンタジー・オン・アイス』のフィナーレでは、その2種類のジャンプを披露するまでになっていたが、今回は無理をすることなくルッツの使用を抑えた。その選択は正解だったと言える。

「この試合では、勝つ、勝たないをそんなに気にしないで、今回の構成でショートとフリーともにノーミスをしたいと思ってきました。それができなかったのは残念だし、練習でできていたものができなかったのも悔しいですね」

大会後、今シーズンの展望を語った羽生結弦 今、羽生が目標にしているのは、自分にできる最高難度のジャンプ構成で『秋によせて』と『Origin』を完成させることだ。その第一段階として、昨年とそれほど変わらない構成でノーミスの滑りをし、次へ進もうと考えている。

 フリー終盤の連続ジャンプも、昨季こだわっていた4回転トーループ+トリプルアクセルを、「自分の納得いくものができたし、史上初も実現できたから」という理由で組み込まず、4回転トーループ+1Eu(オイラー)+3回転サルコウに変えた。そして、トリプルアクセルからの連続ジャンプ2本の構成にする、という変更を加えた。回転不足を取られたと知った時は「普通に降りていたと思ったんですけど......」と驚きながらも、「自分の感覚としては疑問がないので、そこは気にならない」と言い切った。

 試合後の取材では、「まずは今、自分にできる限界の、ルッツを入れた4回転ジャンプ5本にして、後半にサルコウとトーループ2本を入れる構成にしたい」と明言した。そしてその先には、4回転アクセルも入れた構成で『Origin』を完成させたい、という強い思いもある、とも述べた。