2019.09.13

少しずつ着実に進化していく。
今季の羽生結弦は極めて柔軟だ

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao

 プログラムの完成を第一に考えるという羽生は、「自分の体調やジャンプの調子を見ながらいろいろなことに挑戦していきたい」と言う。勝つためには4回転ルッツを入れなければならないと考えた平昌五輪シーズンの時と違い、自分の状態を見ながら入れられるのならば入れていこうとする、きわめて柔軟な考え方だ。

 半ば強引に進化を狙うのではなく、自分ができることを少しずつ着実にやる過程で自然に進化していけばいい。それが、今の羽生の考えなのだろう。昨年とはまたひと味違った熟成への思い。公式練習での落ち着いた表情は、そんな気持ちの表われだったのかもしれない。

関連記事