2019.07.20

坂本花織はトリプルアクセルの
答えを探す。「理想は伊藤みどりさん」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 アイスダンス出身のリショー氏は、複雑なステップや上半身の振り付けを独創的にプログラムに組み込むことが持ち味。できると見込んだ選手には、自分が考えた最高傑作と言わんばかりの振り付けを伝授する。選手のレベルに合わせるのではなく、選手がいま持っている実力よりも高いレベルのものを提供して、さらなるレベルアップを引き出そうとしているように見える。そんなプログラムをもらって3年目となる坂本が、どれだけの力をつけてきたかは言うまでもないだろう。

 最初にリショー氏に振り付けてもらったプログラム(『アメリ』)を習得する際は、全身が筋肉痛になって音を上げるほどだったが、いまでは「(全身筋肉痛は)ないです。慣れた(笑)」と笑い飛ばした。

「昨季は下半身のスケーティング技術を向上させましたが、もちろんスケーティングも重視しつつ、今季は上半身をずらす練習に取り組んでいます。今回のプログラムでは何回もコケて、頭、打ちそうになるぐらいやりました。ブノワさんの動きでは簡単と思ったことがほんとにない。毎年違うきつさがあるし、なんでそんなにアイデアがというぐらい、技術の宝庫みたいな感じなんです」

 坂本はブノワ氏が作るプログラムを気に入り、ブノワ氏もまた坂本というスーターを気に入っているのだろう。このコンビが作り上げるプログラム自体、楽しみのひとつである。

「今季のフリー『マトリックス』はすごくかっこいいし、目力がすごいので、そういう細かい部分を気にしてやっています。ブノワさんからも『目線に気をつけて滑って』と言われています。いまは、目力をどう表現するかで、お化粧をどうするか困っているんです。いつもどおりのメイクだったら絶対イメージが違うので、どうしたらいいんだろうって。情報を探しています。何かアドバイスをください。お願いします!」

 そう言って、茶目っ気たっぷりに報道陣を笑わせた。

 シニアデビューを果たしたシーズンに念願の五輪代表まで一気に駆け上がり、世界のトップスケーターの仲間入りをした坂本だが、2年目の昨季はあまり満足いく結果を残せなかったと反省を口にする。