2019.03.18

本田望結が語る芝居とスケート
「片方を嫌いになったら両方やめます」

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

――お芝居とフィギュア、両方やることのメリットはありますか。

本田 お芝居で学ばせていただく表現というのは、スケートに確実につながると思いますし、スケートで得る緊張感は、お芝居についても生かされることだと思います。あとは、2つのことをやっているからには両方に生かせられることを今後もたくさん見つけられたらいいなと思っています。

――日頃の練習について教えてください。現在は、宮原知子選手や紀平梨花選手と同じリンクで練習されているんですよね。そういう選手が身近にいることに関してはどう考えていますか。

本田 それはすごくうれしいです。ただ、一緒に練習する時間がないので、練習の様子はまったく見られていないんです。今、関西ではおふたりの他にもフィギュアスケートのトップの選手がたくさんいます。私は自分にしかできないことを目指して頑張りたいです。

――ふだんの練習で特に比重を置いているのはどんなことでしょう。 

本田 一番はやっぱり表現力です。小さいころからお芝居ということを経験させてもらっているので。フィギュアスケートというと、ジャンプがひとつの大きなポイントになると思うんですけど、そこだけじゃなく、”物語”として私のスケートを見ていただけたら嬉しいなと思うので。私は記録じゃなくて記憶に残る選手になりたいと思っています。