2018.12.24

秘策を繰り出した坂本花織が
全日本女王に。「ノックアウトしました!」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha  能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「得点はびっくりしました。ありがたいことです。練習の成果が出ました。2年連続で結果を出して、今日は本当に強いなと思いました。昨年も最終滑走でしたが、SPでちょっと失敗していたのが、今年はSPもノーミスでした。まったく優勝は狙っていなかった。世界選手権には行きたいということで、必死にやったと思います。心の入ったスケートができるようになって、演じようとしていました。今季テーマの『大人』のところは、ひとつひとつ表現を確かめながら、ストーリーになっていたと思います」

優勝は坂本、2位に紀平梨花、3位は宮原知子だった「大人」の演技を目指してきた坂本は、今大会で、ある”秘策”が功を奏したと明かしてくれた。

「いままでは視線がジャッジより下でしたが、フリーは『跳ぶから見てろ』という感じで、めっちゃジャッジを見て(笑)、ガッツリとノックアウトしました!」

 大トリを務めた演技は、ファンもさることながら、ジャッジをも魅了したに違いない。


関連記事