2018.12.08

紀平梨花が首位発進。超新星の登場に女王ザギトワは不機嫌な顔

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「トリプルアクセルは今回の練習で満足いくまで跳び続けて、試合当日の練習でもしっかりイメージを作ることができたのがSPで成功した一番の原因だと思います。(大技の出来は?)う~ん、90点くらいだと思います。たくさん跳べているんですけど、思いっきり高く気持ちのいいジャンプは、ここに来てからそこまで多くなかったので。でも、練習どおりの成果が出たのでこの点数くらいのジャンプだと思います」

 磨きをかけて安定しつつあるトリプルアクセルだけではなく、シニアデビューシーズンのGP大会で連勝して挑むGPファイナルでも、他のジャンプ、ステップ、スピンなどの各エレメンツで出来栄え点(GOE)は2点前後の加点がもらえた。

 その結果、同い年のライバルである平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)にも引けを取らない演技構成点(35.15点)を記録するなど、2位のザギトワと4.58点差をつけることができた。

 ノーミス演技でミスらしいミスがなかったザギトワは、紀平が今大会で塗り替えるまで持っていた世界最高得点の80.78点という自己ベストを下回る77.93点にとどまった。思わぬ結果だったのだろうか、会見で真ん中に座る笑顔の紀平とは対称的に、紀平の右隣に座ったザギトワは終始ぶぜんとした表情を見せ、記者からの質問にも言葉少なで「(紀平関係の質問には)その質問には答えたくない」とぷいっと横を向いてしまう場面もあったほどだ。

 そのほかの日本勢では、初出場の坂本花織がほぼノーミス演技を見せたが、得点が思ったよりも伸びずに70.23点の4位。苦笑いだった坂本は「得点は『微妙だな~』と中野(園子)先生とふたりで言いました。良くも悪くも、みたいな。でも、フリーにしっかりつなげられる点数だったので、(8日の)フリーで頑張れば表彰台にいけるかな」と、目標のメダルに向けてあきらめてはいなかった。

 また、4年連続出場で、ファイナルでは過去2度銀メダルを取っている宮原知子は、現在修正中のジャンプで失敗して67.52点で最下位と出遅れた。全日本女王は「練習でよくなかったジャンプがそのまま試合で出たかなという感じです。失敗する時はいつもああいう失敗になる。まだ修正しきれていないところが出たかな。フリーは気持ちを切り替えて、自分のやるべきことに集中してちゃんと跳べるように頑張りたい」と前を向いていた。

関連記事