2018.12.07

トリプルアクセルに安定感。
紀平梨花、GPファイナル制覇のカギは

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 ライバルを手ごわいが、紀平は次のように手応えを語る。

「いまのところ自信がなくなるような試合がなかったので、NHK杯のフリーのような完璧な演技と、(ミスが目立つ)SPはほとんど練習ではうまくいっているので、練習どおりにすべてのジャンプがきれいに決まればいいかなと思います。これまでは練習どおりのことが試合でできなかったですが、最近は練習どおりの演技が試合で出せるようになってきました」

 高まる周囲の期待もうまくかわし、過度な重圧がかかっていないように見えることも安心材料だ。

 一方、このオフから羽生結弦のジャンプを指導するジスラン・ブリアンコーチの指導を受けてジャンプ修正に取り組んでいる日本女子エース・宮原も、4年連続出場となるGPファイナルで表彰台の一角を狙っている。 

「今シーズンはとくに体調が万全な状態で、しっかりこの試合に向けて練習してくることができたので、自信を持っていきたいなと思っています。もちろん、出場メンバーはみんなすごいですが、自分も負けたくないなという気持ちはあります。でも、自分のことに精一杯で、あまり周りは見ていない。いい順位を取りたいという気持ちはあるんですけど、自分の一番いい演技をしない限りは結果もついてこないので、とにかく自分に集中して、自分の演技をしたいと思っています」

 過去2回、銀メダルに輝いている宮原が、金メダルを掴むためには、文字どおり「ミス・パーフェクト」になるしかない。