2018.11.09

トリプルアクセルの申し子・紀平梨花デビュー。
日本女子が表彰台独占か

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by Naoki Morita/AFLO SPORTS

 ひとつひとつのエレメンツであるジャンプ、スピン、ステップだけじゃなく、つなぎの部分をしっかりレベルアップさせないといけないと思ったので、そこを意識して練習してきました。

 公式練習では、初めてのNHK杯ですごく緊張感があるんですけど、リンクの暖かさとか、会場の広さとかを実感できたので、しっかり試合に向けて気持ちを作って楽しめたらいいかなと思っています」

 今オフには持病の関節炎で服用している薬の副作用で、顔にアレルギー反応が出てしまうこともあったが、「チークする必要がないんです!」と明るく振る舞っていた頑張り屋だ。おっとりしたタイプに見えるが、芯の強さでは誰にも負けていない。「ひとつのことに向かって熱中できて、毎日スケートができることがすごく幸せなこと」と言う。

 質が問われる今季のルール改正は三原にとって追い風。今季GP初戦での戦いぶりに期待したい。




関連記事