2018.09.24

「やっぱり勝ちたい」羽生結弦。初戦優勝も悔しさを胸に次戦へ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 SPの『秋によせて』とフリーの『Origin』は、幼い頃に憧れて、敬意の念を持って観ていたジョニー・ウィアとエフゲニー・プルシェンコ(『ニジンスキーに捧ぐ』)の代表的なプログラムだ。それを今、自分がやることで、再び原点に戻る決意を込めている。だが、シーズン初戦のこの大会では、きっちり滑り切ることができなかった。

SPではミスもあり、悔しさが残ったという羽生結弦SPではミスもあり、悔しさが残ったという羽生結弦  演技が終了した瞬間、悔しさを顕わにした羽生はこう話す。

「4分間になったからきついというのではなくて、ただ単に自分の実力不足という感触がありました。体がこのプログラム自体についていってない感じがしています。これから練習をして、しっかりとこのプログラム構成に耐えうる体を作らなければいけない。これが今の時点の実力だと思うし、やっぱり実力以上のものは演技で出せないので。この悔しさをしっかりと感じながら、次戦に向けて頑張っていきたいと思います」

 この試合に出て一番よかったと思うのは、「やっぱり試合で勝ちたい」という気持ちが強くなったことだと羽生は言う。今回で4回目になるオータムクラシックは、4年連続の悔しい結果に終わった。だが、そんな悔しさからシーズンをスタートさせるのも羽生結弦らしさなのかもしれない。グランプリシリーズ初戦が楽しみになってきた。

関連記事