2018.07.04

羽生結弦も順調。日本人スケーターが
アイスショーで着々と調整

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直/Fantasy On Ice 2018●撮影 photo by Noto Sunao/Fantasy On Ice 2018

 昨季までとは違うしなやかさや繊細な表現、動きの大きさを強調する『ラビアン・ローズ』では、ジャンプにやや苦しむ姿を見せていたが、大きな雷の音から始まり、独特な動きが際立つ『ビューティフル・ストーム』では、両手をあげての3回転ルッツや3回転フリップのほか、3連続ジャンプも跳んで会場を沸かせた。

 紀平は、静岡公演2日目と最終日にはトリプルアクセルにも挑戦。2日目は転倒したが、最終日は両足ながら着氷した。また、ダブルアクセル+3回転トーループや3回転ルッツ+3回転トーループ、3回転ルッツ+2回転トーループ+3回転ループも跳んで、きれいな3回転サルコウで締める滑りも披露。シーズンインへ向けて、紀平の武器であるトリプルアクセルを磨いていく道筋が見えていた。

神戸、新潟、静岡の3公演に登場した三原 また、神戸からの3公演に出演した三原は、彼女の特徴である伸びやかな滑りを強調する昨季のエキシビションプログラム『ラ・カリファ』を演じた。

 ジャンプ構成は、神戸では最初に3回転ループを跳んでいたものを、最終公演の静岡ではダブルアクセル+3回転トーループに変更していたが、会場を大きく沸かせていたのは、3回転ルッツ+3回転トーループに2回転トーループや2回転ループをつけた5連続ジャンプだった。さらに、静岡の最終日には6連続ジャンプも披露して観客を驚かせた。

 伸びのある滑りのステップなどを見せた演技終盤には、3回転サルコウ+2回転トーループ+2回転ループも構成に入れるなど、三原は楽しみながらシーズンへ向けて調整を続けている姿を見せていた。

 今年も、全国各地で開催されるアイスショーで、新シーズンへ向けて日本人スケーターたちが着々と準備を進めている。

◆『ファンタジー・オン・アイス2018』幕張・フォトギャラリー vol.1>>

◆4回転ジャンプも跳べる羽生結弦。アイスショーで見せた驚異的な回復>>

関連記事