2018.05.29

羽生結弦が語る今の状態。
アクセルなど3種は3回転まで跳べるように

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 大トリの演技では、最初のジャンプだったトリプルアクセルをオープニングよりきれいに跳ぶと、体の上下の動きもうまく使ってノビノビとした滑りで、3回転トーループもきれいに決めた。そして、キレのいい滑りでステップシークエンスを見せると、最後はチェンジフットコンビネーションスピンで締めくくった。

 羽生は、話題になっている来季のルール変更についてはこう語った。

「まだ完全に決まっているわけではないので、明確なコメントはできませんが、僕にとってはどんなルールになってもフィギュアスケートが好きだという気持ちは変わらないです。

 フィギュアスケートという勝負の世界にいるからにはトップに立ちたいという気持ちがあるので、どんなルールでもそれに対応して勝てるという自信をつける練習をしていきたい」

 さらに、気になるコンディションについては、「右足のつま先に強い衝撃を加えて跳ぶルッツとフリップは、まだ動作もやっていませんが、ループに関しては軸を取る練習などで1回転をやったり、上がるだけのジャンプもやっています。それも本当に1日に1回か2回やるようになってきたところ。それ以外のアクセルとトーループ、サルコウに関しては3回転までできるようになっています」と、少しずつ上向きになってきているようだ。

 いまの羽生は、アイスショーの演技で、自分ができる最大の表現を追い求め、その中から次につながる感触を得ようとしているのだろう。

「ファンタジー・オン・アイス」初日は、キレのある動きで軽快な滑りだったが、2日目の滑りにはそこに気持ちの昂(たかぶ)りや力強さが加わっているようにも見えた。同時に、そんな気持ちが大きくなりすぎたのか、つなぎの部分で転倒寸前となって、苦笑するシーンもあった。

 だが、それも羽生がその日、その時の感情を、プログラムに目一杯反映させたいという思いゆえに他ならない。これから続く公演で、その日その日にどんな気持ちを込めた滑りをするのかも楽しみになってくる。アイスショーでの演技のひとつずつが、彼の完全復活へ向けての道程になるからだ。

◆フィギュア超絶マニアが、羽生結弦の金メダル演技を異常に細かく分析>>

◆本田真凜はなぜシニアデビューで失速したのか。早くも迎えた正念場>>

関連記事