2018.05.11

「羽生結弦が有利になる」は本当か? 
フィギュア男子の30秒短縮

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by JMPA/Noto Sunao

 ザギトワのプログラムを「本来の”いいフィギュアスケート”からは少しずれてしまっているのではないか」と評価する吉岡氏は、「後半に跳べるジャンプの数を制限するか、例えば得点が1.1倍になるジャンプを最後の3本だけにするというようなことが検討されているようです」と言う。

 こうしたルール改正が行なわれれば、ひとつひとつの要素の質を上げて、プログラム全体の完成度を上げる方向に向かうと予想される。来季はこれまで以上に見ごたえのあるプログラムを多くの選手が見せてくれることになるかもしれない。

◆羽生結弦への影響は? 大幅ルール改正で来季フィギュアはこうなる>>

◆本田真凜はなぜシニアデビューで失速したのか。早くも迎えた正念場>>

関連記事