2018.05.08

羽生結弦が語った、東北への思いと
「今季、現役としてやりたいこと」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「パレードを終えて、あらためて仙台に帰って来たなと感じましたし、あらためて金メダルの重みを感じました。平昌五輪の時は、仙台でみんなが応援できる場を設けてくれていたことをニュースで知って、その一つひとつの力が僕を後押ししてくれていたんだなと、あらためて感じました。パレードでは、多くの人が僕ひとりに注目してくれましたが、その温かい目や『おめでとう』と言ってくれる声が、自分の脳裏に焼きつきました」

 4月22日、仙台市で行なわれた「2連覇おめでとう」パレードの後、羽生結弦は記者会見でこう語った。

会見で、故郷への思いについて語った羽生結弦 ソチ五輪に続く五輪連覇を達成したことで、宮城県からの2度目となる”県民栄誉賞”や仙台市から”賛辞の楯”なども授与され、4年前より少し長くなった約1.1kmを40分ほどかけてパレード。詰めかけた10万人を超える観客に、車上から勝利の報告とお礼の言葉を伝えた。

 羽生は、ソチ五輪と今回の金メダルの違いを質問されるとこう答えた。

「ソチの時は自分の気持ちが未来に向かっていて『これから次へ向かって走っていくんだ』という気持ちでした。でも今回は、自分がやり切って五輪連覇という夢を実現できたし、みなさんの応援や期待を受け止めて、それに応える形で金メダルをちゃんと獲れたと実感しました」

 そして、地元である東北へ向けての思いも口にした。