2018.03.11

金メダルより大切なもの。
メドベデワがこだわった「演技への思い入れ」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by JMPA/Noto Sunso

「(大会で泣いたのは)人生で初めてで、いままでこんなことはなかったです。緊張はなく、感情が溢れ、心が軽くなりました。涙が出てきたのは、演技の後ではなくて、最後のダブルアクセルを跳んだ後から。たぶん、自分のすべてを氷上で出し切れたとわかったからだと思います」

 負け惜しみではないだろう。結果として五輪優勝という記録は残せなかったが、それはファンの記憶に残るような演技だった。

「オリンピック前に、オリンピックを悔いなく終えたいと決めていました。後ろは振り返らないです。この先には大きなスケーターとしてのキャリアがあるので、前しか見ないでいきたいです」

 メドベデワが来季、どんな目標とモチベーションを持って、新しいプログラムを作って見せてくれるのか。女子フィギュア界を席巻するロシア女子の主人公の今後に興味は尽きない。

◆ザギトワは「10代半ばの五輪金メダリストは消える」歴史を覆せるか>>

◆羽生結弦、平昌五輪「歓喜のフォトギャラリー」>>

◆本田真凜は、なぜシニアデビューで失速したのか。早くも迎えた正念場>>

関連記事