2018.01.14

本田真凜はなぜシニアデビューで
失速したのか。早くも迎えた正念場

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha  能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「GP2大会はひとつひとつの試合ですが、4つ(ショートプログラム<SP>2回とフリー2回)でひとつのセットと考えてやりたいなと思っているので、ひとつのプログラムが終わるたびに、シニアでの自分に自信が持てるような演技がどんどんできるようにしたいです」

 そう言ってスケートカナダと中国杯に挑んだ本田。やればできると信じて練習を積んできたつもりだったが、そうならなかったことは試合結果からも演技内容からも明白だった。

「シニアの試合だから失敗したというわけではなく、今回はすごく練習したつもりだったんですけど、自分がまだまだ甘かったかなと思います」

 スケートカナダではジャンプの失敗を連発したり、スピンやステップでレベル4が取れなかったりと、SPで10位と出遅れた。フリーでは最低限のミスにとどめて3位まで浮上したが、総合5位に終わった。試合で緊張しないという本田だけに、調整不足は否めなかった。

 フリーが終わって結果が出た後、報道陣に囲まれた濱田美栄コーチからは厳しい言葉が並んだ。