2017.12.22

女子フィギュア五輪代表争いが激烈に。
坂本花織はノーミスに自信あり

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 五輪切符を手に入れるためには表彰台に乗ることが必須になるが、宮原と樋口は2位以内であれば確実に代表入りする。一方、坂本や本郷らは優勝するしか道はない。それだけに、SPでの坂本の会心の演技には目を見張るものがあった。

 演技終了直後、右手で力強くガッツポーズを作ってみせた坂本の顔は”どや顔”だった。そのことを報道陣から指摘された17歳は、少し照れながら、「どや顔じゃな~い」と、笑顔で”完全否定”した。

「最後のスピンでちょっと危なかったんですけど、何とか意地でこらえてやり切ったなあと、終わった直後に思いました。リンクにいるときは緊張しっぱなしで、ほとんど覚えていないんですけど、曲が鳴ってステップですごく落ち着いて、そこでだいぶ普段通りに戻ってきました。今日のSPで一番よかった点は、ずっと平常心でできたことです」

 第4グループの最終滑走者だった坂本。直前には同門の先輩である三原がジャンプで転倒する失敗を出していたが、動揺することはなかった。演技直前には笑みも浮かべて、中野園子コーチに「やっておいで!」と背中を叩かれてリンクに立った。

「フーゥ」と息を吐いてから演技を始めると、動き出しから流れのある滑りを見せて、ほどよい緊張感を漂わせながら、優雅に、そして力強く、坂本らしさ満点の『月光』の舞を見せた。