2017.10.23

GPロシア3位の樋口新葉は、
ライバルと自身の立ち位置を知っている

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「パンクをして点数にならないことを去年多く経験したことで、練習でもパンクをしないことを意識して、集中できているのかもしれないです。五輪シーズンなので、より一層そういう気持ちになっているとも思います。去年まではジャンプをあまり意識しないで跳んでいましたが、今年はどう跳ぶかということを意識してやっています。それが体に染み込んできているのだと思います」

次戦はファイナル進出をかけて中国大会に出場予定 ただ、同時に今回の演技を振り返って「ほとんどのジャンプがまだ詰まっていてGOE(出来ばえ点)を稼げていなかった」と反省する。合計217.63点だったロンバルディアトロフィーより10点以上低いが、樋口はこの得点が「今の自分」と話す。

「ロンバルディアであの得点が出たのはすごくうれしかったけど、ショートもフリーも回転が足りないのではないかと感じていました。今回のように回転不足やアテンションがつく厳しい判定なら、点数はもっと下がっていたはず。(今回は)映像で見返してもわかるくらいの回転不足だったので、今回の試合がベースになると思います」

 日本女子の平昌五輪出場枠は「2」。その厳しい戦いに備えて、妥協するわけにはいかないと考えているのだろう。それは昨シーズン、苦しみながらも世界の大舞台を経験したことで得た感覚だ。