2017.10.09

SP新プログラムの本田真凜。
日本女子フィギュアの主役になれるか

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「今回の試合内容を見ると、ジュニアなら満足いく演技と得点だと思いますが、シニアでは通用しないと思いました。シニアのトップ選手たちと一緒に滑ってみて、自分には本当に足りないところがいっぱいありました。久しぶりに悔しい気持ちを持つことができたので、この悔しさをこれから、ずっと大切にして戦っていきたいなと思います」

 挑戦者として追う立場で戦うシニアの舞台で、自分の演技はどんな評価を受けるのか。まずはグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダがその試金石となる。

 本田自身も「守りに入らずにチャレンジをしたい」と、いまできる最高難度のジャンプ構成に取り組みたいという意欲を見せた。このスケートカナダの結果によって、本田の現在の立ち位置がわかり、シニアでのより具体的な目標も見えてくるに違いない。シニアデビューシーズンで五輪出場を目指せる絶好の機会を逃さず、若さと勢いそのままに突き進んでいければ、期待以上の結果がついてくる可能性も十分にある。

 ジャパンオープン後に行なわれたカーニバル・オン・アイスで、本田は今季の新しいショートプログラム(SP)、「ザ・ギビング」を発表。「衝撃なくらい素敵な」曲で作ったプログラムについて、本田は自信たっぷりにこう説明した。