2017.10.08

「緊張でミス」の宇野昌磨。
4種の4回転ジャンプはどこまで安定するか

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 シーズン初戦で2連覇したロンバルディア杯では、苦手と思って避けてきた4回転サルコウに挑戦して見事に成功。日本男子として初めて4種類の4回転に成功した。シーズン早々から4種類ともしっかりと認定され、宇野にとって、もはや4回転は成功させて当然のジャンプになった。

 その中でもトーループはほぼ100パーセント近い精度で、フリップとループも8~9割ほどの完成度を誇っていると言ってもいいだろう。フリーのプログラムでは4回転を、前半にループとサルコウの2本、そして後半にフリップとトーループ2本の計3本、挑む構成となっている。

「本来であれば、プログラム後半が安定しなければいけないジャンプ構成だった。前半は挑戦(のジャンプ)、後半は絶対に跳ばなければいけない気持ちだったんですけど、すごく緊張していたのもあって、いつもなら跳べるジャンプを失敗してしまった。特に、後半に跳んだ4回転フリップは自分では着氷したと思ったところで転んでしまい、それが一番気持ちの崩れにつながったかなと思う。この試合に向けての練習がまだまだ足りなかったとすごく感じたので、失敗から出た課題を次の試合に向けて取り組んでいきたい」