2017.10.04

本田武史がGPシリーズを分析。
女子は「日本vsロシア」の対決が軸

  • 辛 仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Sunao Noto / Dreams on Ice2017

 いずれにしても昨シーズン同様に、とにかくロシア勢が強すぎます。メドベデワ選手を筆頭に、ザギトワ選手、そしてアンナ・ポゴリラヤ選手も調子を戻してきており、ポリーナ・ツルスカヤ選手も上位争いに顔を出してくるはず。さらに、これだけジュニアから選手が育ってきているのに、アリョーナ・レオノワ選手やエリザベータ・トゥクタミシェワ選手、エレーナ・ラジオノワ選手が頑張っているという層の厚さがすごいです。

 GPシリーズはどの試合も「日本vsロシア」の戦いになりそうですが、その他ではケイトリン・オズモンド選手らカナダ勢も侮れない存在になるでしょう。昨シーズンの世界選手権の結果は意外でしたが、納得の演技を見せていました。勝負の行方を占うのは簡単ではありません。

 特に面白い試合になりそうなのは、男子同様に第4戦のNHK杯です。メドベデワ選手、コストナー選手、ツルスカヤ選手に、宮原選手、本郷理華選手、白岩優奈選手の日本勢がぶつかります。そこでぜひ、宮原選手の復活した姿を見たいですね。


【本田武史のGPシリーズ展望 男子編】はこちら>>

Sportiva フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 いざ、決戦のシーズン』
好評発売中!!

★詳しくはこちらから>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>

関連記事