2017.09.23

羽生結弦の初戦、心もスケーティングも
「静かに演じた」世界最高得点

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyamas Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 得点ということで考えてみれば、昨シーズンのプログラムをノーミスでやっていれば当然のように自己最高記録は更新していたはずだ。そんな思いもあるだろう。そして、今回は、右膝の痛みで4回転ループを封印したように、無理のできない状態でもある。

 だからこそ、この日のSPは「この曲を聴き込んでいるというのはもちろんあるし、自分がやりたいと思っていたこのバラード第1番の表現としては静かなところから段々と、ふつふつと沸き上がってくるようなものを目指してやることでした。その意味では一つひとつを丁寧に、と思ってやりました」という演技になった。

 この日の羽生の心の中をそのまま表現するような演技。羽生は自然体ともいえる挑戦で、自身の今季のスタート地点のレベルの高さを世界に見せつけた。

『ファンタジー・オン・アイス オフィシャルフォトブック2017』 好評発売中!!
羽生結弦ほか世界トップのスケーターの演技を収録!
詳しくはこちらから!>>
photo by Noto Sunaophoto by Noto Sunao■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>

関連記事