2017.07.09

三原舞依、宇野昌磨にキレあり。
アイスショーから今季の激戦が見えた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登 直/Dreams on Ice 2017●撮影 photo by Noto Sunao/Dreams on Ice 2017

 また、ベテランの無良崇人は新エキシビションプログラムの『ひそかな夢(美女と野獣より)』を滑り、自身が選んだ曲ということもあって、しなやかさのある滑らかなスケーティングを見せ、充実していることを実感させた。

 田中刑事は「以前提案された時は断った曲ですが、やっとやれるようになりました」というブルース曲のSP『メモリーズ』で、体の大きさを生かした新境地を切り開きつつある。ふたりの演技はともに、平昌五輪代表を目指す戦いがさらに激化することを予感させるものだった。

 招待スケーターではネイサン・チェン(アメリカ)が『パラシュート』を演じ、リズムに乗ったキレキレの滑り。新シーズンへ向けて日本勢のライバルとなる強さを感じさせた。また、世界女王のエフゲニア・メドベデワ(ロシア)は『アンナ・カレーニナより』で、物語性のあるプログラムをスピード豊かに演じてジャンプも決め、技術力の高さを見せつけた。

 平昌五輪シーズン開幕へ向けて、夏のうちから各スケーターがプログラムの完成を進めている。今シーズンも激しい氷上の戦いを見ることができそうだ。

『羽生結弦カレンダー』壁掛け版卓上版  9月29日発売決定!!
 予約販売限定!! 8月上旬締切り。詳しくはこちら>>
 ※お近くの書店でも注文可能です

『ファンタジー・オン・アイスフォトブック2017』 8月10日発売!!
羽生結弦ほか世界トップのスケーターの演技を収録!
予約はこちらから!>>
photo by Noto Sunao

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>

関連記事