2017.06.20

羽生結弦は新SPを連発。
アイスショーから見るスケーターたちの来季

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直/Fantsy on Ice 2017●撮影

 また、この公演で羽生と同様に新SPプログラム『ビバルディの四季より「冬」』を演じた宇野昌磨は、最初の4回転フリップと後半の4回転トーループを単発で入れた構成で、まずは曲に慣れることを優先させているように見えた。まだ序盤には硬さもあり、4回転フリップも完成一歩手前という状態。しかし、中盤のステップシークエンスからは曲に気持ちも入り始め、後半の4回転トーループとイーグルから入るトリプルアクセルは余裕を持って決めると、その後のふたつのスピンをスピードに乗った滑りでこなしていた。宇野の場合は羽生と違い、まだ別のアイスショーにも出場が予定されている。その中で着実に演技の質を高めていく構えのようだ。

 さらに、ショーのなかで行なわれたアーティストとのコラボレーションでは軽さとキレ、スピードのある滑りを披露していたハビエル・フェルナンデス(スペイン)も、第2部ではエキシビションナンバーの『パイレーツ・オブ・カリビアン』と交互で、新SPを披露した。今のところ、ジャンプは4回転トーループと3回転ルッツを前半にやり、後半にトリプルアクセルという構成だが、練習や最後のジャンプ合戦では4回転ループに挑戦していただけに、シーズン本番にはそれを組み込んでくる可能性もありそうだ。