2017.04.26

鈴木明子が羽生結弦の来季に求めるもの。
「もっとエモーショナルに」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 能登直(羽生)、是枝右恭(鈴木)●撮影 photo by Noto Sunao, Koreeda Ukyo

 これまでの3年間、体調を崩すなどいろいろなことがありましたが、人間だから波があって当たり前。だからこそ、彼は強くなったと思います。ありとあらゆる部分が成長していることは間違いありません。肉体もメンタルも強くなり、技術も上がりました。ソチオリンピック前とはまったく違う「羽生結弦」で平昌(ピョンチャン)オリンピックに臨むでしょう。

 しかし、チャレンジャーとして迎えたソチと、チャンピオンとして連覇を狙う平昌では、また違ったプレッシャーが彼を襲うはず。本人にとっては苦しいと思いますが、普通の人には絶対に入り込めない領域で、彼がどんな演技をしてくれるのか――。羽生結弦が解き放たれた瞬間を見たいですね。


【profile】
鈴木明子(すずき・あきこ)
1985年3月28日生まれ、愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、15歳で全日本選手権4位に入賞して注目を集める。2010年バンクーバー五輪では8位に入賞し、2012年の世界選手権で銅メダルを獲得。2013年の全日本選手権では会心の演技で初優勝。2014年のソチ五輪は団体戦で5位入賞、個人戦で8位入賞を果たす。2014年の世界選手権出場を最後に競技生活からの引退を発表した。現在はプロフィギュアスケーター、振付師、解説者として活動の幅を広げている。

◆鈴木明子が「浅田真央」を語る はこちら>>

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 平昌への道 ~Road to Pyeong Chang』
 

詳しくはこちらへ>>

電子版は「Sマガ」で>>(※【iOSのみ】の対応となっております)

■フィギュアスケート 記事一覧>>

【フォトギャラリー】世界フィギュアスケート 国別対抗戦エキシビション>>