2017.04.20

羽生結弦が国別の公式練習で新たな試み。
「今シーズン最高の演技に」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 羽生は、夕方の記者会見でこう話した。

「シーズン最後の試合ですから、今シーズン経験してきたことのすべてをここで出したいという気持ちがあります。これまで成功しきれていないジャンプや、クリアしきれていない課題。また自分の心の問題とか、それをひとつずつつぶしていって、最終的には今シーズン最高の演技と思えるようにしたい。五輪シーズン前の最終調整という位置づけもある大会なので、ここでどれだけいい経験ができるか、どれだけいい部分をつかめるかが大事なので、自分の演技がどうなのかというのを考えながらできればいいと思います」

 この大会で、羽生は「最高得点は意識していない」と言う。また、いい結果を出した世界選手権のあとの試合で、「自分をどうコントロールしていくかが一番の課題」とも述べた。

 あまりプレッシャーがなく、体調もいい状態で迎えられているこの大会で出す得点は、来季に向けたひとつの目安になるだろう。地元日本で開催される今大会で「楽しみたい」と語った羽生の演技に注目したい。

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 平昌への道 ~Road to Pyeong Chang』

 


詳しくはこちらへ>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>

関連記事