2017.04.20

羽生結弦が国別の公式練習で新たな試み。
「今シーズン最高の演技に」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 曲かけのあとには、失敗した4回転サルコウ+3回転トーループを余裕のあるジャンプで決めると、その後に4回転ループをきれいに決めて、そのまま4回転サルコウからの連続ジャンプも続けた。トリプルアクセルは着氷後にスリップして転倒したが、すぐにもう一度跳んで成功すると、しばらくスケーティングでクールダウンして練習を終えた。

 この日挑んだ4回転トーループからの3連続ジャンプは、四大陸選手権のフリーで後半リカバリーに徹する滑りをしたあと、「あとで振り返れば4回転トーループに1回転ループと3回転サルコウをつければよかったと思う」と話していた構成だ。

 世界選手権でも「最初のトリプルアクセルのあと、感覚がよければ、次のトリプルアクセルを4回転トーループにするつもりだった」と話していたとおり、今回の最初の練習で、新たな試みとしてその3連続ジャンプに挑戦したのは、世界選手権以上の演技をしてシーズンを終えたいという意欲の表れでもあるのだろう。