2017.04.18

羽生結弦も射程圏内に。世界2位の
宇野昌磨は体力アップで伸びしろ増大

  • 折山叔美●文 text by Oriyama Toshimi 能登 直●写真 photo by Noto Sunao

 
 一段落して、宇野がこれからの課題だと改めて思ったのは、ジャンプの成功率だけではなく、GOEと表現の戦いになってくる中で、それにどう対応するかということだったという。4回転ループとトリプルアクセルは決まれば質の高いジャンプになるが、トーループとフリップにはまだ課題が残る。特にトーループに関しては、フェルナンデスや羽生のように加点が高いジャンプにしなければいけないと考えている。

「来季はどういうプログラムにしていくかはまだわかりませんが、とりあえず今のままではダメというのはわかりますね。表現にはまったく満足していないし、しかもその中で手を抜いているので、まったくダメです。やっぱり体力を温存しようと思ってしまうんですね。今回も終わった時には『ちょっと残ってるな』という感じでしたが、特に前半にあるステップはもっと動けるけど、後半のことを考えて『ちょっと休んでおこうかな』と思ったりしてしまって。それにスピンも練習で単独でやる時は試合の時より倍くらいスピードが出るので、手を抜いているということですよね」

 宇野はこう言って苦笑するが、今季はシーズン初めに4回転フリップをSPとフリーに入れる新たな試みをして、その確率を磨いていた上に、シーズン後半の四大陸選手権からはフリーに4回転ループを入れるという挑戦をし続けてきた。その中ではプログラム全体をまとめるためのペースコントロールの重要度も高まっていた。それを彼は自然にやっていたわけで、その点では今季は成長できたという実感もあるという。