2017.04.01

笑顔の宇野、失意の羽生。
逆転優勝にはフリーで200点台が必須に

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 フェルナンデスが合計点を最低でも310点台に乗せてくるとすれば、フリーで4回転サルコウを入れられるかどうかがカギとなる3位のチャンは、プログラム構成上は少し不利な立場になる。一方の宇野は、310点前後まで合計点を伸ばせる可能性があり、状況次第では逆転も可能だ。

 ともあれ、フリーの戦いは200点台の獲得が必須で、ミスを最小限に抑えた者が勝利を手にするだろう。複数の4回転を組み込んだ男子のプログラムは、女子よりもミスなく演技を終えることが難しいが、羽生の逆転優勝には、ノーミスの演技が絶対条件になりそうだ。

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 平昌への道 ~Road to Pyeong Chang』
 


詳しくはこちらへ>>

関連記事