2017.03.30

チェン、宇野、ハビエル、チャン。
強力ライバルが羽生結弦を刺激する

photo by Murakami Shogo 平昌五輪への準備という点でも、世界選手権で4回転サルコウを確実に決められるかどうかに注目しています。四大陸ではSPで4回転サルコウからのコンビネーションを失敗してしまい、フリー前の公式練習では、ジャンプと軌道の確認を重点的にやっていました。

 結局、四大陸ではフリーでも4回転サルコウを成功できず、それが最終順位に影響してしまいました。それでも、演技構成点では羽生選手が優勝したネイサン・チェン選手を上回っていましたし、4回転サルコウの確率がさらに上がっていけば、3年ぶりの世界選手権制覇が見えてくるはずです。

 また、チェン選手ら外国人だけでなく、同じ日本人にも宇野昌磨選手という成長著しい若い世代が現れたことは、羽生選手にとって刺激になっていると思います。羽生選手は、宇野選手のことをすごく気にかけていて、四大陸ではSPの際、宇野選手の得点発表のモニターを見に行っていました。


 そのSPで初の100点超えを果たした宇野選手がインタビュールームに来た時には、羽生選手は歩み寄って「おめでとう」と祝福。宇野選手について羽生選手も頼もしさを感じたでしょうし、自分も負けられないという思いが強くなったのではないでしょうか。