2017.03.29

気持ちの高まる羽生結弦と宇野昌磨。
ヘルシンキから詳細をレポート

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 それぞれのジャンプが単発の時は回転スピードも速く、軸も細いジャンプになっていることからも、状態のよさを感じさせる。それは本人も自覚しているという。

「ループはだいぶ安定してきていますね。やっとという感じですけど、試合や曲がかかった段階でのジャンプをすごく自信を持ってやれるようになっていますし、いい練習をしてこれたなと感じています。今日の練習では失敗もありましたが、そういう経験も本番へ向けて活きてくると思う。

 振り付けも少しずつ変えていますが、心に余裕が出てきたかなという感触もあってのことなので。後半のサルコウについても、ちょっとずつ余裕が出てきていますし、曲により入り込めるようになってきています」

 今回の世界選手権は、来年の平昌五輪の枠取りがかかっているプレッシャーもあるが、今は試合に向けてノビノビとやれている状態だという。「落ち着いて本番に向けた調整ができているし、氷や自分の体の可動域などを繊細に感じることができています」と、自信のある表情だ。