2017.02.22

浅田真央の師・佐藤信夫コーチに学ぶ
スピン。「誰でもできて、難しい」

  • 辛仁夏●構成 text by Synn Yinha  岸本勉●写真 photo by Kishimoto Tsutomu

 しかし一方で、スピンは習得するのが大変なんです。ジャンプは、ものすごく跳ぶ力があり、ものすごく器用で運動神経に秀でている人だったら、教えたその日のうちに簡単なものだったら成功させてしまうでしょう。スピンの場合、そんな人はいないんです。ある程度の時間をかけて練習して、練習して、練習していくうちに、だんだんと体がバランスを覚え、体に伝わってくる感覚をコントロールすることによって、思い通りのスピンができるようになる。

 だから、誰にでもできるけれども、あるレベルから上へは、それなりの時間数を超えない限りはどうやってもいくことができない。取り組み始めはたやすくても、それを極めるには難しい技と言えるでしょう。

 そして1回、スピンの基本技を覚えると、もうその感覚を忘れることはありません。広げた両腕を絞るとビューッと回転が速くなっていって、自分でも「おー、すごいすごいすごい」と思うんです。その喜びはフィギュアスケートの魅力のひとつです。

 ただし、初めてスピンをする人で目が回らない人はいないですね。気分が悪くなってトイレにかけこむ人もいます。本当にすぐに気分が悪くなります。