2017.02.19

三原舞依「どんな大舞台でもノーミス」の
集中力で浅田真央以来の快挙

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha  能登直●写真 photo by Noto Sunao

 本人の喜びもさることながら、普段は厳しく叱咤激励する中野コーチも頬を緩ませて「希望としては表彰台の端っこに乗ればいいと思っていただけで、優勝は予想していなかったので、びっくりして喜びました」と振り返る。

 シニアデビューの今季はグランプリシリーズに初参戦。第1戦のスケートアメリカでいきなりの表彰台(3位)に立ったほか、中国杯で4位に。代表切符をかけた全日本選手権でも3位に入る結果を残して、四大陸選手権と世界選手権の代表の座を掴んだ。

 今大会は全日本女王の宮原が左股関節の疲労骨折で欠場した中で、若手の三原らの活躍に期待がかかった。初めての大きな大会で、代表としてのプレッシャーもかかる。結果を求められる重圧は相当なものだったに違いないが、三原は「世界選手権へ一緒に行くメンバーでよかったと、少しでも思ってもらえるように頑張りたかった」という意気込みで臨んでいたという。

 小学3年から三原を指導する中野コーチは、愛弟子のたぐいまれな集中力に太鼓判を押す。

「本当に集中力がすごい。ここというところでは集中して、どんな大舞台でもノーミスしてきますので。だから、ノーミスの演技をしたことについては驚きではありませんでした。彼女はもとから試合が好きなんだと思います。お客さんが入ったほうが頑張れるというところがありますし、オリンピック会場ということも気にせず、応援が入ったほうが好きなようです」