2016.12.08

羽生結弦、GPファイナル4連覇へ。
立ちはだかるライバルは誰か?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 こう話す羽生は、マルセイユへ来る前の練習では、主に技術面を重点的に確認しながら調整してきたという。

「フリーのノーミスはできましたし、ショートは毎日のようにノーミスをしてきましたから問題ないと思います。やります!」

 公式練習時点の体のキレや動きは、フェルナンデスやチャンの方が勝っていたが、羽生も、曲かけ練習では最後の3回転ルッツの代わりに4回転サルコウを入れて成功させるなど、徐々に状態が上がっている様子だった。

「それ(4回転サルコウ)を試合でリカバリーとして入れることはないですが、疲れているなかでの4回転(の練習)は曲かけのときにしかできないですから。その意味でも練習だと思ってやっていますし、今日も最後に一番いいサルコウが跳べたのは自信になると思います」

 そんな気持ちの強さを本番で見せてくれるのが、羽生結弦の真骨頂。SPでは、練習とは一変した姿を見せてくれるはずだ。

■フィギュアスケート 記事一覧>>

関連記事