2016.11.27

「練習では跳べるのに…」宮原知子、
GPファイナルではメンタルに課題

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「今回のNHK杯は苦しい戦いではありましたが、フリーで何とかまとめられて、GPファイナルも出場できて、ひとまずよかったです。ファイナルではしっかり自分の演技をしたいと思っています。練習ではパーフェクトにきっちりジャンプを跳べるようになっているので、本番でどれだけ緊張しないで滑れるかという気持ちの問題だと思うので、(本番で)自分が変わるしかないと思っています」

 シニア4年目を迎えた今季、これまでの経験や実績をみれば、もっと自信を持って試合に挑んでもいい実力を持っている宮原だが、「まだメンタルの弱さがある」と濱田美栄コーチは指摘する。

 そこでシャイな18歳に、メンタル強化や自分の殻を打ち破るには何が必要かを聞いてみたところ、「どういうことをしたらいいかはあまりまだ分からないですけど、練習ではきっちりとできているので、試合で変に緊張せずに、力を出せるようにならないといけないと思います。(「ひと皮むけたか」との問いに対し)ちょっとだけ、むけつつあります」と、照れながら答えてくれた。

 さらに対戦相手について聞くと、「日本ではジュニアの上手な選手が出てきて追われる立場になっていますが、世界には自分よりも上手な選手がたくさんいるので、まだまだ追いかける立場だと思っています」と答えた。