2016.10.02

羽生結弦が世界初の4回転ループを成功させても喜んでいないわけ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「ループを決めた後のサルコウは丁寧にやろうとしたんですけど、踏み切る時に体勢が崩れてしまいました……。もっと丁寧にできたなと思っているので、まだまだですね。今日、非常に注意していたのは、このプログラムで試合といえども笑いながらやりたいと思っていたことです。それに加えてクールさだったり、この曲が表現しているものを伝えること。衣装も、なかなか着ないような白いパンツを履いているので、その衣装や曲(『Let’s go crazy』/プリンス)が出している雰囲気というものを、昨シーズンと同様に音をまといながらやりたいと思っていました」

 大きく報道された4回転ループの世界初の成功という点は、羽生にとって大きな関心事ではないようだ。

「もちろん世界初ということでニュースになるだろうけど、僕にとって世界初かどうかは関係ないですし、今朝までジュニアの選手がすでに跳んでいたので、世界初ではないと思っていました。別に何も変わらないと思っていますし、(今日は)サルコウを跳べなかったですから……。

 それに、4回転ループは練習ではもっときれいに跳べているので、『ループが決まった!』という実感がないんです。だからこそ、うれしいという思いも出てこないのだと思います」