2016.04.02

浅田真央は9位発進。女子日本勢がフリーで挽回するために必要なこと

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 浅田自身はこの日のトリプルアクセルについて、「トリプルアクセルは回転がちょっと甘かったかなという感じがあったので、悔やまれますね。自分の武器でもあるので、ものすごく跳びたい気持ちはあるんですけど、空回りするといい方向にはいかないので……」と、振り返った。

 冒頭のトリプルアクセルは、着氷後に大きく崩れて手をついてしまう失敗。認定はされるも回転不足となり、さらにGOE(出来栄え点)でマイナス3点と大きく減点され、8.5点以上を稼ぐどころか、2.9点しか取れなかった。この大失速で日本勢最下位となるSP9位と出遅れた。

「今日は自分の滑りはできたので、まあまあという感じかなと思います。今季から復帰して試合を積み重ねてきてここまで来たなという気持ちがありますね。全日本選手権後の年明けからは、あまり気持ちも調子も上がってこない部分がありましたが、この試合に向けて徐々に上がってきた感じはします。(四大陸選手権を欠場したが)すごく空いた感じはなく、その分練習をしっかりできたと思っています。2日後のフリーでも自分が表現したいことをしっかり演技して、最後まで滑りきることが目標です」

 25歳のベテラン選手としてここまでの過酷な戦いの経験を生かし、フリーで現在の実力をしっかり出せば、メダル争いに食い込めるはずだ。