2016.04.01

怒りを集中力に変えて。羽生結弦が見せた絶妙のメンタルコントロール

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「皆さんが見ていてわかるとおり、(精神面で)グジャグジャでしたけど、冷静になりきれなかった中でのこの演技だったからこそ、終わった瞬間すごくうれしかったです。もう終わったことなので全部思い出すのは難しいですけど、インタビューを受けながら自分の頭の中で整理した結果、これまで経験したことがないような新しい経験の中でいろいろ試行錯誤をしました。そこで自分の考え方であったり、攻略法が通用したというのがあるので。だからそこでまたひとつ、何か答えに近づけたかなという感覚はあったと思います」

 羽生は、SP前日の囲み取材で「今の自分の完璧というものを目指したい」と口にしたことが「すごく引っかかっていた」と明かした。しかし、試合前の練習でテニス・テンとのゴタゴタがあったことで、そんな思いはどこかに吹き飛んでしまった。思いがけない混乱に巻き込まれてしまった中で、「結果を考えたり他人にどう観られたいかを考えるのではなく、自分がどういうことをやりたいかだけを考えて集中することができた」と分析した。

 それがまさに羽生結弦というスケーターなのかもしれない。なかなかすんなりとはいかない状況でも、何らかの課題を自分で見つけて集中力を高める糧にし、それをまた魅せる演技に昇華していくのだ。

 いわば”怒りの演技”ともいえたSPを終えた今、周囲にはまたもや「300点超え」への期待が沸き上がってきている。羽生が自分の気持ちや身体をどのようにコントロールし、それをどうフリーの演技に反映させるのか。またひとつ、新たな楽しみができた。

関連記事